南砺市教育委員様

世界遺産の五箇山合掌造りがあり、武蔵野市のセカンドスクールの受入地域の富山県南砺市の教育委員様が視察研修にお越しになりました。

主な内容は、胎内市の「ふるさと体験学習」に関することで、当市の取り組みについて興味深く熱心にお話を聞いていただきました。
受入側である農林サイドと実施側である教育サイドの横の連携に感銘され、また、民宿が一つもない当市で展開されている「農泊」の教育効果も高く評価していただくなどこれからの一層の励みになりました。
意見交換の場では、南砺市の取り組みについても学ばせていただきありがとうございました。

オプションで米粉クッキングも体験の様子。
南砺市.JPG

公文国際学園中等部

神奈川県横浜市にある公文国際学園中等部(3年)さんが当市で農泊を含む農村生活を体験しています。
学校の方針でクラスの枠を超えて日本の文化を学ぶというもので、このグループは「せんべいコース」ということで学びを深めています。

コースの流れとしては、(新潟市)米農家→(ここから胎内市)新潟製粉梶ィ米粉クッキング→農村生活体験→(新潟市)せんべい王国→(埼玉県)草加せんべいということで、思いが詰まっていて素晴らしいコースだと思います。
我々もしっかりお手伝いさせていただきたいと思います。
公文国際学園 対面式.JPG

新潟市立葛塚小学校 対面式

平成21年9月16日
新潟市立葛塚小学校 107名
農村民泊:1泊
対面式.JPG
受入民家と子どもたちの対面式を胎内アウレッツ館で開催しました。
司会進行はすべて子どもたちが行い、拍手で受入民家を迎え入れてくれました。
最初は緊張気味の子どもたちも、受入側のお父さんお母さんの顔を見ると、少し表情が柔らかくなります。
この後、受入側の車で体験先であるお宅へ向かいます。
また明日元気で会おうね〜!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。