ふるさと体験学習について

胎内市では「ふるさと体験学習」を平成20年度から実施しています。
この「ふるさと体験学習」は本市の宝である子どもたちを「地域でしっかり育てる」という考え方のもと、市内全小学校5年生を対象にふるさと胎内を活動フィールドとした体験学習です。

ふるさと体験学習は、いわゆるふるさと教育であり、”ふるさとに学び、ふるさとを学び、ふるさとに子どもを活かし、子どもの中にふるさとを残す”ものです。
学校の「思い」や「願い」もカタチにするため、学校と地域とが緊密に連携しながら実施しています。
4年目を迎える平成23年度からは、
3つの”きょういく”「教育・共育・郷育」をスローガンに掲げ、
より地域一体となって取り組めるように心がけています。

「胎内市のふるさと体験学習」はわかりやすいという声をいただいております。
資料請求の方は、お気軽にお申し付けください。

表紙-1.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。