ふるさと体験学習の様子

平成23年度のふるさと体験学習が始まりました。
トップバッターは「黒川小学校」です。
これから10月上旬まで全7校が実施します。

今回は黒川小学校の体験の様子をお届けします。
黒川小学校 日程.jpg
(日程 6月22〜24日 2泊3日)

ワラビ採り
(大長谷ワラビ組合の指導を受けてワラビ採り)

米粉ピザ
(米粉ピザづくり)

米粉ピザで昼食
(作った米粉ピザを昼食に)

農泊受入民家とご対面
(農泊受入民家と緊張の対面!?)

コウモリとガ
(オリエンテーリングは雨天のため、室内ネイチャーゲームに変更)

ネイチャーゲーム.JPG
(みんな元気に活動)

市場見学 
(市場を見学しました)

ハウス農家でキュウリ収穫
(ハウス農家でキュウリを収穫)

胎内アウレッツ館宿泊
(宿泊は胎内アウレッツ館・夕食はみんなでいただきます)

丸太切り
(ネイチャークラフト用の台座を自分で切る)

ホットボンド
(石を使ったクラフト・ストーンアート)

ストーンアート
(上手にできました)

お別れ
(2泊3日の行程が無事終了しました)

このたびは黒川小学校の体験活動を紹介させていただきましたが、学校によって子どもたちにやらせてあげたい、体験してもらいたい体験は違いますし、打ち合わせの際の先生のお話をお聞きして、その「思い」が伝わると、私たちのモチベーションが上がるのがわかります。

学校と子どもたちと地域の「ありがとう」が詰まった「体験学習」。
これからもしっかり取り組んでいきたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。